シャネル(CHANEL)モデルであるミューズって?歴代モデル7人も紹介

「シャネルって名前だけは知っているけど、実際はどういうブランドなんだろう?」
「シャネルでよく使われているミューズってどういう意味?」

シャネルに興味があるあなたは、このようにお考えではないでしょうか?

そこで今回はシャネルとはどういうブランドなのかを解説します。

記事の後半ではシャネルで使われているミューズの意味や歴代モデル7人も紹介しているので、この記事を参考にシャネルへの知識を深めていきましょう!

1.そもそもシャネルとは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

CHANELさん(@chanelofficial)がシェアした投稿

シャネルとはレディース商品を中心に展開しているフランスの名門ファッションブランドです。

いわゆる世界三大ブランドの1つで、110年前の1909年にファッションデザイナーであるココ・シャネルが創設しました。

その特徴は「古い価値観にとらわれない自由で自立した女性像」をポリシーにしていることです。

また、創業者であるココ・シャネルの波乱万丈な人生も人気の理由で、今なお多くの女性がその生き方に共感しています。

ブランド名Chanel SA
本部取材地フランス パリ
電話番号0120-525-519
設立1909年
公式サイトInstagram
Twitter
公式サイト

2.シャネルを美しく彩るミューズとは?

シャネルを知るうえで、知っておかなくてはならないのがミューズと呼ばれる言葉です。

このミューズとは直訳すると『女神』のことで、要するにシャネルでは起用したイメージモデルのことをミューズと呼び習わしているのですね。

そして、シャネルでは商品ごとに異なったミューズを起用しています。

それがマドモアゼル、ココ・マドモアゼル、ルージュ・ココの3つです。

ここでは、その3つの商品とそれぞれに起用されているミューズについて、具体的に確認していきましょう。

(1)マドモアゼル:ブレイク・ライヴリー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Blake Livelyさん(@blakelively)がシェアした投稿

マドモアゼルとはシャネルでいうところのバッグ部門のことで、主にトートバッグやハンドバッグなどがこれに該当します。

そして、このマドモアゼルのミューズとして起用されているのがブレイク・ライヴリーです。

ブレイク・ライヴリーはアメリカ出身の女優で、2007年に放送された海外ドラマ『ゴシップガール』でブレイクしました。

また、シャネルではバッグに力を入れていることから、ブレイク・ライブリーは目にする機会が非常に多いミューズだといえるでしょう。

本名Blake Lively
インスタフォロワー数(2019年11月現在)約25万人
生年月日1987年8月25日
出身地アメリカ合衆国
身長178cm
スリーサイズ非公開
公式アカウントInstagram

(2)ココ・マドモアゼル:キーラ・ナイトレイ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Keira Knightley Fanpageさん(@keira_knightley_)がシェアした投稿

ココ・マドモアゼルとはシャネルでいうところの香水部門のことで、代表作であるN°5を始め、アリュールやチャンスシリーズなどがこれに該当します。

このココ・マドモアゼルのミューズとして起用されているのがキーラ・ナイトレイです。

キーラ・ナイトレイはイギリス出身の女優で、20歳の時に映画『プライドと偏見』でアカデミー主演女優賞にノミネートされました。

ちなみに、シャネルの香水は世界三大調香師の1人であるジャック・ポルジュが担当しています。

そのため、シャネルの香水は人気が高く、キーラ・ナイトレイもまた、目にする機会が非常に多いミューズだといえるでしょう。

本名Keira Christina Knightley
生年月日1985年3月26日
出身地イギリス
身長非公開
スリーサイズ非公開
公式アカウントなし

(3)ルージュ・ココ:ヴァネッサ・パラディ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vanessa Paradis, fan page.さん(@vanessaparadis__)がシェアした投稿

ルージュ・ココとはシャネルでいうところのリップ部門のことで、ルージュ・アリュールやル・ルージュ・クレイヨンなどがこれに該当します。

このルージュ・ココのミューズとして起用されているのがヴァネッサ・パラディです。

ヴァネッサ・パラディはフランスの歌手兼女優で、デビュー曲である『夢見るジョー』はフランスで11週連続ナンバー1を記録しています。

本名Vanessa Paradis
生年月日1972年12月22日
出身地フランス
身長非公開
スリーサイズ非公開
公式アカウントなし

3.日本人でもシャネルのモデルになれる?

シャネルのミューズについて解説してきましたが、「日本人でもシャネルのモデルになれるのかな…?」と疑問に感じた方も多いのではないでしょうか?

結論から述べると、後述の小松奈々のように日本人でもシャネルのモデルになることは可能です。

ただし、日本人でもなれるといっても、シャネルはモデルを公募しているわけではありません。

そのため、モデルとして優秀な成績を残し、そのうえでグローバルなモデル事務所に所属してシャネルから直接オファーをもらうことが一番の近道だといえます。

このグローバルなモデル事務所としては森星が在籍しているイメージモデル ボン イマージュ、CHIHARUが在籍しているサトルジャパンなどが代表的です。

こういったモデル事務所については『モデル事務所はどうやって選べばいい?おすすめモデル事務所10選!』でも取り上げているので、シャネルのモデルに憧れを持つ方はぜひ参考にしてくださいね。

モデル事務所はどうやって選べばいい?【おすすめモデル事務所10選】

2019.12.30

4.シャネルの歴代モデル7人!

シャネルの歴代モデル7人を紹介します。

先ほども紹介したミューズ達の他にも、シャネルでは多くの有名セレブ、女優、トップモデルが起用されてきました。

それでは彼女たちのプロフィールについて、具体的に確認していきましょう。

(1)イネス・ド・ラ・フレサンジュ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ines de la Fressangeさん(@inesdelafressangeofficial)がシェアした投稿

シャネルの歴代モデル1人目は、コロンビアの元大統領を曽祖父に持つイネス・ド・ラ・フレサンジュです。

イネス・ド・ラ・フレサンジュはフランス出身のファッションモデル兼ファッションデザイナーで、伝説的なファッションデザイナーであるカール・ラガーフェルドによってシャネルのモデルに抜擢されました。

その後、1989年にフランスの象徴的イメージモデルである『マリアンヌ』に選ばれており、同国の元祖スーパーモデルとして位置づけられています。

本名Inès de la Fressange
インスタフォロワー数(2019年11月現在)約32万人
生年月日1957年8月11日
出身地フランス
身長180cm
スリーサイズ非公開
活動期間1983年~1991年
公式アカウントInstagram
Twitter

 (2)クラウディア・シファー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Claudia Schifferさん(@claudiaschiffer)がシェアした投稿

シャネルの歴代モデル2人目は、49歳になった現在でも美しいボディを維持し続けているクラウディア・シファーです。

クラウディア・シファーはドイツ出身のファッションモデル兼女優で、17歳の時に有名なモデルエージェンシーである『メトロポリタン』にスカウトされました。

その後、フランスのファッション雑誌『ELLE』に出演、その直後にカール・ラガーフェルドによってシャネルのモデルに抜擢されています。

ちなみに、彼女のようにスカウトされたモデルについては『モデルになるにはスカウトの目に留まれ!スカウトされる特徴4つとテク3つ』で紹介しています。

こちらではスカウトされる人の特徴も解説しているので、興味がある方はぜひ読んでみてくださいね。

【スカウトされて芸能人に】スカウトされる場所を徹底解説!

2019.12.30
本名Claudia Schiffer
インスタフォロワー数(2019年11月現在)約120万人
生年月日1970年8月25日
出身地ドイツ
身長180cm
スリーサイズ非公開
公式アカウントInstagram
Twitter

(3)アンジェラ・リンドヴァル

 

この投稿をInstagramで見る

 

Angela Lindvallさん(@angelalindvall)がシェアした投稿

シャネルの歴代モデル3人目は、多くのトップブランドのモデルとして起用されているアンジェラ・リンドヴァルです。

アンジェラ・リンドヴァルはアメリカオクラホマ州出身のモデルで、早い段階から人気女性下着ブランド『ヴィクトリアズ・シークレット』のモデルとして活躍していました。

その後、『VOGUE』や『ELLE』といった有名ファッション雑誌に出演、現在は結婚して2人の子供を儲けています。

ちなみに、彼女が所属していたヴィクトリアズ・シークレットについては『ヴィクシーモデルとは?ヴィクトリアシークレットのエンジェル10人』で解説しているので、こちらもあわせて読んでみてはいかがでしょうか。

【ヴィクシーモデル】ヴィクトリアシークレットのエンジェル10人

2019.04.29
本名Angela Lindval
インスタフォロワー数(2019年11月現在)約78万人
生年月日1979年1月14日
出身地アメリカ合衆国
身長180cm
スリーサイズB86 W62 H89
公式アカウントInstagram
Twitter

(4)ダリア・ウェーボウィ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Daria Werbowyさん(@dariawerbowy)がシェアした投稿

シャネルの歴代モデル4人目は、芸術を愛するモデルとして多くのクリエイターから親しまれているダリア・ウェーボウィです。

ダリア・ウェーボウィはポーランド出身のファッションモデルで、幼いころから友人の母親が経営するモデル代理店に所属していました。

その後、クロエやプラダといった有名ブランドのショーに出演、現在もモデル活動を継続しながら美術学校で油絵を学んでいます。

ちなみに、彼女が出演していたクロエについては『多くの女性を虜にしたブランド!chloe(クロエ)の歴代モデル10人』で紹介しているので、こちらもおすすめですよ。

多くの女性を虜にしたブランド!chloe(クロエ)の歴代モデル10人

2019.10.21
本名Daria Werbowy
インスタフォロワー数(2019年11月現在)約20万人
生年月日1983年11月19日
出身地ポーランド
身長180cm
スリーサイズB86 W61 H86
公式アカウントInstagram

(5)フレジャ・ベハ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Freja Beha Erichsenさん(@frejaerichsen)がシェアした投稿

シャネルの歴代モデル5人目は、マニッシュな雰囲気が魅力のフレジャ・ベハです。

フレジャ・ベハはデンマーク出身のファッションモデルで、15歳の時のモデルエージェンシーにスカウトされてデビューしました。

その後、3大ブランドとされているルイヴィトン、ヴァレンティノ、シャネルのキャンペーン全てに出演、2012年にシャネルから卒業してしまいましたが、現在も精力的にモデル活動を続けています。

本名Freja Beha Erichsen
インスタフォロワー数(2019年11月現在)約53万人
生年月日1987年10月18日
出身地デンマーク
身長178cm
スリーサイズB79 W60 H89
活動期間2007年~2012年
公式アカウントInstagram

(6)ステラ・テナント

 

この投稿をInstagramで見る

 

dna Model Managementさん(@dnamodels)がシェアした投稿

シャネルの歴代モデル6人目は、ダイアナ元皇太子妃と血縁関係にあるステラ・テナントです。

ステラ・テナントはイギリス出身のスーパーモデルで、友人に写真撮影されたことをきっかけにモデルデビューしました。

その後、カール・ラガーフェルドに才能を見出されシャネルのモデルに抜擢、カメラマンである夫と4人の子供たちとともにスコッドランドに住んでいます。

本名Stella Tennant
生年月日1970年12月17日
出身地イギリス
身長非公開
スリーサイズ非公開
公式アカウントなし

(7)小松菜奈

 

この投稿をInstagramで見る

 

konichan7さん(@konichan7)がシェアした投稿

シャネルの歴代モデル7人目は、数少ない日本人モデルの1人である小松奈々です。

小松奈々は山梨県出身のファッションモデルで、12歳の時にファッション雑誌『ニコ☆プチ』でモデルデビューしました。

その後、2014年に公開された映画『渇き。』で主人公の娘役に抜擢、2016年には映画『沈黙 -サイレンス-』で念願だったハリウッドデビューを果たしています。

本名小松菜奈
インスタフォロワー数(2019年11月現在)約160万人
生年月日1996年2月16日
出身地山梨県
身長168cm
スリーサイズ非公開
公式アカウントInstagram

5.まとめ

この記事では以下の内容について解説しました。

  1. シャネルとは何か
  2. ミューズとは何か
  3. シャネルの歴代モデル7人

シャネルはエルメス、ルイヴィトンとともに世界三大ブランドに数えられています。

その商品のクオリティの高さはもちろん、美しいミューズやココ・シャネルの波乱万丈な人生など、女性を惹きつける要素がたくさんありますよね。

シャネルに興味がある方はこの機会に、商品を実際に手に取ってみてはいかがでしょうか。

Spicaテスト

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。