世界最高峰!2019年にルイヴィトンに起用された12人のセレブモデル

「ルイヴィトンって一体どんなブランドなんだろう?」
「ルイヴィトンのモデルってどういう人がいるのかな…?」

ルイヴィトンやそのモデルに興味があるあなたは、このようにお考えではないでしょうか。

そこで今回はルイヴィトンとはどういうブランドなのかについて解説します。

記事の後半ではルイヴィトンに起用されているモデル12人も紹介するので、この記事を参考にルイヴィトンへの知識を深めていきましょう!

1.そもそもルイヴィトンとはどういうブランドか?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Louis Vuitton Official(@louisvuitton)がシェアした投稿

ルイヴィトンとは主に革製のバッグや財布、アクセサリー、香水などを取り扱っているフランスの名門ブランドです。

いわゆる世界三大ブランドの1つで、1854年に創業されて以降、国内外問わず多くの女性に愛されてきました。

その特徴は伝統をこだわりつつも常に画期的なアイデアを世に送り出していること、数々の逸話が残るほどの品質の高さでしょう。

また、ルイヴィトンは有名人の愛好家も非常に多く、かつてのアメリカ大統領であるジョン・F・ケネディの妻ジャクリーン・ケネディもその1人です。

このことからも、ルイヴィトンがいかに多くの女性を魅了してきたのかが分かるのではないでしょうか。

ブランド名Louis Vuitton Malletier
本部所在地フランス パリ
電話番号0120-001-854
設立1854年
公式サイトInstagram
Twitter
公式サイト

2.ルイヴィトンのモデルに選ばれるのはどういう人たち?

ルイヴィトンに限らず、多くのファッションブランドではCMキャラクターとしてミューズ(モデル)を採用しています。

このモデルは多くの場合、海外セレブや女優、トップモデルなどから選ばれており、基本的には公募という形を取っていません。

つまり、ルイヴィトンのモデルになるためには、外国人モデルが在籍しているようなグローバルなモデル事務所に入所するのが一番だということですね。

ちなみに、こういったモデル事務所としては森星が在籍しているイメージモデル ボン イマージュ、CHIHARUが在籍しているサトルジャパンなどが挙げられます。

特に、このイメージモデル ボン イマージュについては『モデル事務所はどうやって選べばいい?おすすめモデル事務所10選!』でも取り上げているので、ルイヴィトンのモデルになりたい方はぜひ参考にしてくださいね。

モデル事務所はどうやって選べばいい?【おすすめモデル事務所10選】

2019.12.30

3.2019年最新版!ルイヴィトンに起用されているモデル12人!

ルイヴィトンに起用されているモデル12人を紹介します。

先ほども解説したように、彼女たちのほとんどはセレブや女優、トップモデルで、その美貌とネームバリューを買われてルイヴィトンに起用されました。

そんな彼女たちのプロフィールについて具体的に確認していきましょう。

(1)ミシェル・ウィリアムズ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Alice In Movieland(@alice_in_movieland)がシェアした投稿

ルイヴィトンに起用されたモデル1人目は、ミシェル・ウィリアムズです。

ミシェル・ウィリアムズはアメリカモンタナ州出身のファッションモデルで、14歳の時に映画『名犬ラッシー』でデビューしました。

その後、2010年に公開された映画『ブルーバレンタイン』でアカデミー主演女優賞に、2011年には映画『マリリン 7日間の恋』でアカデミー主演女優賞に2年連続ノミネートされています。

本名Michelle Ingrid Williams
生年月日1980年9月9日
出身地アメリカ合衆国
公式アカウントInstagram

(2)ソフィー・ターナー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sophie Turner(@sophiet)がシェアした投稿

ルイヴィトンに起用されたモデル2人目は、ソフィー・ターナーです。

ソフィー・ターナーはイギリス出身の女優で、2011年にアメリカで放送されたテレビドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』でデビューしました。

その後、2018年に公開された映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』に出演、2019年にはアメリカのミュージシャンであるジョー・ジョナスと結婚しています。

本名Sophie Turner
生年月日1996年2月21日
出身地イギリス
公式アカウントInstagram
Twitter

(3)アリシア・ヴィキャンデル

 

この投稿をInstagramで見る

 

Alicia Vikander(@aliciavikanderdaily)がシェアした投稿

ルイヴィトンに起用されたモデル3人目は、アリシア・ヴィキャンデルです。

アリシア・ヴィキャンデルはスウェーデン出身の女優で、2008年に同国で放送されたテレビドラマ『Andra Avenyn』でブレイクしました。

その後、ゴールデングローブ賞助演女優賞や英国アカデミー賞助演女優賞といった映画賞を多数受賞、女優としての地位を不動にした彼女は2016年頃にルイヴィトンのモデルとして起用されています。

本名Alicia Amanda Vikander
生年月日1988年10月3日
出身地スウェーデン
公式アカウントInstagram

(4)クロエ・グレース・モレッツ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Chloe Grace Moretz(@chloegmoretz)がシェアした投稿

ルイヴィトンに起用されたモデル4人目は、クロエ・グレース・モレッツです。

クロエ・グレース・モレッツはアメリカジョージア州出身の女優兼モデルで、なんとわずか5歳の時からニューヨークでモデル活動を行っていました。

その後、『キック・アス』や『サスペリア』といった人気映画作品に出演、2014年にはアメリカのニュース雑誌『TIME』で『2014年の最も影響力のある25人のティーン』に選ばれています。

本名Chloë Grace Moretz
生年月日1997年2月10日
出身地アメリカ合衆国
公式アカウントInstagram
Twitter

(5)レア・セドゥ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lea Seydoux(@leathefrenchie)がシェアした投稿

ルイヴィトンに起用されたモデル5人目は、レア・セドゥです。

レア・セドゥはフランス出身の女優で、2006年に公開されたコメディ映画『Mes Copines』でデビューしました。

その後、2016年に公開された映画『アデル、ブルーは熱い色』でパルム・ドール賞を受賞しています。

ちなみに、彼女はルイヴィトン以外にもプラダの香水の広告にも出演していますよ

本名Léa Hélène Seydoux-Fornier de Clausonne
生年月日1985年7月1日
出身地フランス
公式アカウントInstagram

(6)タンディ・ニュートン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Satoru Koumoto(@karaoke0527)がシェアした投稿

ルイヴィトンに起用されたモデル6人目は、タンディ・ニュートンです。

タンディ・ニュートンはイギリス出身の女優で、1991年に映画『ニコール・キッドマンの恋愛天国』のオーディションに合格し、デビューしました。

その後も数々の映画作品に出演した彼女は英国アカデミー賞助演女優賞やロンドン映画批評家賞などを受賞、2018年にはイギリスで最も権威ある勲章の1つである大英帝国勲章第四位OBEを叙勲しています。

本名Thandie Newton
生年月日1972年11月6日
出身地イギリス
公式アカウントInstagram

(7)ペ・ドゥナ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Doona Bae 배두나(@doonabae)がシェアした投稿

ルイヴィトンに起用されたモデル7人目は、ペ・ドゥナです。

ペ・ドゥナは韓国出身の女優兼モデルで、19歳の時にカタログモデルとして芸能界入りを果たしました。

その後、2005年には日本映画『リンダ リンダ リンダ』に出演、ちなみに韓国人モデルとしてルイヴィトンに起用されたのは彼女が初めてで、『2018-2019秋冬ウィメンズ・コレクション』では大きな注目を浴びましたよ。

本名배두나
生年月日1979年10月11日
出身地韓国
公式アカウントInstagram

(8)インディア・ムーア

 

この投稿をInstagramで見る

 

IAM(@indyamoore)がシェアした投稿

ルイヴィトンに起用されたモデル8人目は、インディア・ムーアです。

インディア・ムーアはアメリカニューヨーク州出身のトランスジェンダーモデルで、15歳の時に有名ファッションブランドであるグッチやディオールに起用されました。

その後、彼女は世界的に有名なモデル事務所である『IMGモデル』と契約、2019年4月にはアメリカのニュース雑誌『TIME』で『世界で最も影響力のある100人』に選ばれています。

ちなみに、彼女が出演していたグッチについては『過激だけどどこか魅惑的!グッチのショーや人気モデル4人について』で解説しているので、こちらもあわせて読んでみてはいかがでしょうか。

本名Indya Adrianna Moore
生年月日1995年1月17日
出身地アメリカ合衆国
公式アカウントInstagram

(9)ローラ・ハリアー

 

この投稿をInstagramで見る

 

LAURA HARRIER(@lauraharrier)がシェアした投稿

ルイヴィトンに起用されたモデル9人目は、ローラ・ハリアーです。

ローラ・ハリアーはアメリカイリノイ州出身の女優兼モデルで、2013年に長寿テレビドラマ『ワン・ライフ・トゥ・リヴ』でデビューしました。

その後、彼女は映画『スパイダーマン:ホームカミング』に出演、2019年にはルイヴィトンのドレスを着てアカデミー賞授賞式に出席しています。

本名Laura Ruth Harrier
生年月日1990年3月28日
出身地アメリカ合衆国
公式アカウントInstagram
Twitter

(10)ライリー・キーオ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Riley Keough(@rileykeough)がシェアした投稿

ルイヴィトンに起用されたモデル10人目は、ライリー・キーオです。

ライリー・キーオはアメリカカリフォルニア州出身の女優兼モデルで、14歳の時にイタリアで開催されたドルチェ&ガッバーナのファッションショーでデビューしました。

その後、2010年に公開された映画『ランナウェイズ』で女優デビュー、2015年にスタントマンのベンジャミン・スミス・ピーターセンとの結婚を報告しています。

本名Riley Keough
生年月日1989年5月29日
出身地アメリカ合衆国
公式アカウントInstagram

(11)ジェニファー・コネリー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jennifer Connelly(@jenniferconnelly_)がシェアした投稿

ルイヴィトンに起用されたモデル11人目は、ジェニファー・コネリーです。

ジェニファー・コネリーはアメリカニューヨーク州出身の女優兼モデルで、両親の友人の勧めを受けてモデルデビューしました。

その後、1982年に放映されたテレビドラマ『Tales of the Unexpected』で女優デビュー、過去にはアメリカの娯楽雑誌『PEOPLE』で『世界で最も美しい50人』に選ばれたこともあります。

本名Jennifer Lynn Connelly
生年月日1970年12月12日
出身地アメリカ合衆国
公式アカウントInstagram

(12)エマ・ストーン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rico Taylor(@ricotaylor.talentedgirls)がシェアした投稿

ルイヴィトンに起用されたモデル12人目は、エマ・ストーンです。

エマ・ストーンはアメリカアリゾナ州出身の女優で、同国のタレント発掘番組『In Search of the New Partridge Family』によって芸能界入りしました。

その後、2012年に公開された映画『アメイジング・スパイダーマン』のヒロイン役として大抜擢され、2018年に公開された映画『女王陛下のお気に入り』ではアカデミー助演女優賞にノミネートされています。

本名Emily Jean Stone
生年月日1988年11月6日
出身地アメリカ合衆国
公式アカウントInstagram

4.まとめ

この記事では以下の内容について解説しました。

  1. そもそもルイヴィトンとはどういうブランドか
  2. ルイヴィトンのモデルに選ばれるのはどういう人たちか
  3. 2019年にルイヴィトンに起用された12人のセレブモデル

ルイヴィトンは数あるファッションブランドの中でもトップクラスに長い歴史を持っています。

そして、その長い歴史を生き残ってきたからこそ、ルイヴィトンのブランド力は保たれているわけですね。

ちなみに、同じ世界三大ブランドであるシャネルについては『シャネルのモデルであるミューズってどういう存在?歴代モデル7人も紹介』で紹介しているので、こちらもあわせて読んでみてくださいね。

シャネル(CHANEL)モデルであるミューズって?歴代モデル7人も紹介

2019.10.25
Spicaテスト

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。