憧れのランウェイモデルに!パリコレ(パリコレクション)に出演する3つの方法

「パリコレって名前だけは知っているけど一体どんなファッションショーなんだろう?」
「日本人でもパリコレに出演できるのかな?」

パリコレに憧れるあなたは、このようにお考えではないでしょうか。

そこで今回はパリコレの概要と出演する方法3選を紹介します。

記事の後半ではパリコレモデルになるための条件や出演料についても解説しているので、この記事を参考に憧れのランウェイモデルを目指しましょう!

ちなみに、当サイトSpicaでは日本の有名ファッションショーである東京ガールズコレクションに関する記事も公開しているので、興味がある方はそちらも読んでみてくださいね。

【東京ガールズコレクション2020】オーディション倍率は1500倍越え?

2020.02.26

1.そもそもパリコレとは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Paris Fashion Week(@parisfashionweek)がシェアした投稿

パリコレとは、ファッションの聖地パリで毎年2回開催されるファッションショーのことです。

正式名称をパリファッションウィークと呼び、世界中にある高級ブランドが一堂に会してプレタポルテ(高級な既製服)の新作発表会を行います。

その特徴は世界4大ファッションショーの中で最も古い歴史を持つこと、芸術レベルにまで高められた創造的な服が出展されること、世界中のトレンドや流行を左右するほどの影響力を持っていることでしょう。

参加するブランドもエルメス、ルイヴィトン、シャネル、クロエといった有名ブランドが総勢で200以上も集まり、出展される服が1着100万円を超えることも決して珍しくありません。

このことからも分かる通り、パリコレは名実ともに世界最高峰のファッションショーだと言えるでしょう。

正式名称Paris Fashion Week
開催時期春夏:1月
秋冬:7月
公式アカウントInstagram
Twitter
公式サイト
チケット情報一般参加不可

2.日本人でも出演可能?パリコレに出演する方法3選

日本のファッションショーでは主催者側がモデルを選ぶのに対し、パリコレに代表される海外ファッションショーでは出展するブランド側がモデルを選びます。

当然、参加するブランドはいずれも有名なものばかりですから、モデル個人に求められるスキルや能力は相当なものだと言えるでしょう。

しかし、逆に言うとブランド側に認められれば、経験が浅い新米モデルでもショーに出演できます。

その代表的な例が、元看護師という異色の経歴を持つ萬波ユカです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

❁❀Yuka mannami❁⃘萬波ユカ❀❁(@yuka)がシェアした投稿

実は、萬波ユカはモデルになってからわずか2か月程度でパリコレデビューを果たしているのです!

このことからも分かる通り、日本人でもパリコレデビューできる可能性は十分残されています。

これを踏まえたうえで、パリコレに出演する3つの方法を具体的に確認していきましょう。

(1)外国人モデルが所属するモデル事務所に入所する

パリコレに出演する方法1つ目は、外国人モデルが所属するモデル事務所に入所することです。

一般的に、日本のモデル事務所は日本人モデルを好む傾向にありますが、中にはハーフモデルや外国人モデルの招聘を行っているところもあります。

こういった事務所は海外に太いパイプを持っていることも多いため、自然とパリコレ関係者に見つけてもらえる可能性が増えるわけですね。

この外国人モデル事務所の中でも特に代表的なのが、サトルジャパンとボン イマージュです。

特に、後者のボン イマージュはカリスマモデルである冨永愛が所属している事務所でもあるため、実績という点でも文句なしだと言えるでしょう。

このボン イマージュについては『モデル事務所はどうやって選べばいい?【おすすめモデル事務所10選】』でも取り上げているので、興味がある方はこちらを読んでみてくださいね。

モデル事務所はどうやって選べばいい?【おすすめモデル事務所10選】

2019.12.30

また、サトルジャパンについて知りたい方は『東京の人気モデル事務所10選!それぞれの特徴と所属条件を解説』がおすすめです。

東京の人気モデル事務所10選!それぞれの特徴と所属条件を解説

2019.12.30

(2)出展ブランドやデザイナーからスカウトされる

パリコレに出演する方法2つ目は、出展ブランドやデザイナーからスカウトされることです。

先ほども触れた通り、パリコレでは出展ブランドやデザイナーが出演モデルを選びます。

実際に、カリスマモデルの冨永愛は高校時代に出演したファッション雑誌ヴォーグを介して海外のファッション関係者にスカウトされています。

しかも、彼女はその数年後にパリコレデビューを果たしているのですから、その才能には驚きを隠せません。

また、2018年には高円寺を歩いていたバンドマンがバレンシアガのスカウトマンに声を掛けられ、モデル経験がまったくないにも関わらずランウェイデビューを果たしたという事例もあります。

もちろん、これは非常に珍しいケースではあるのですが、初心者や未経験者にも可能性は十分に残されていると言えるでしょう。

とはいえ、海外のファッション関係者に見つけてもらえなければ声を掛けられることも当然ないので、やはり外国人モデル事務所に所属するなどして海外との繋がりを持つほうが現実的ですね。

(3)現地に赴いてパリのモデル事務所に所属すること

パリコレに出演する方法3つ目は、現地に赴いてパリのモデル事務所に所属することです。

これは今や日本を代表するスーパーモデル水原希子も実践しようとした方法ですね。

日本とは違い、現地パリではパリコレに関するオーディションが行われているのですが、参加するためにはコールシートと呼ばれるオーディションのスケジュール表を事務所から受け取らなくてはなりません。

「スケジュール表がそんなに重要なの?」と思われるかもしれませんが、これがないとオーディションに受ける回数を増やしていくのは困難で、回数が少なければ合格するチャンスも当然減ってしまいます。

つまり、パリコレモデルを目指す人にとってスケジュール管理は極めて重要だということですね。

また、オーディションに提出するためのコンポジットカードにも事務所名を記載しなくてはならないため、その点でもパリのモデル事務所に所属することは必須だと言えるでしょう。

3.身長制限はある?パリコレモデルになるための条件や基準

厳しい出演条件があると思われがちなパリコレですが、意外にも年齢や身長と言った制限は公式には定められていません。

とはいえ、過去の出演モデルの傾向や特徴を見ると、最低限クリアしておかなくてはならない基準があるのは明白です。

それではパリコレモデルになるための条件や基準について具体的に確認していきましょう。

(1)身長は175cm以上が基本!

パリコレモデルになるための条件1つ目は、身長175cm以上であるかどうかです。

前述の冨永愛や萬波ユカは、いずれも身長175cm以上という日本人離れしたスタイルを持っています。

これは他のパリコレモデルも同様で、平均身長が低いアジア人にとってはやはり不利な要素ですね。

とはいえ、パリコレに出演したモデルの中にも身長が160cm程度しかない人はいるので、こちらはあくまで「高身長モデルが好まれやすい傾向にある」と捉えておきましょう。

ちなみに、身長のことでお悩み中の方は『【身長が高くなくてもモデルに】身長が低くても活躍する5つの秘訣』を読んで、弱点を克服する方法を探してみてはいかがでしょうか。

【身長が高くなくてもモデルに】身長が低くても活躍する5つの秘訣

2019.12.29

(2)体重は痩せすぎていてもダメ!

パリコレモデルになるための条件2つ目は、痩せすぎていないかどうかです。

スレンダーなイメージが強いパリコレモデルですが、実は過度に痩せすぎているモデルはショーに出演できません。

というのも、フランスではBMI18以下のモデルの活動を法律で禁じているからですね。

実際に、この法律によって冨永愛はショーの出演を何度か断念しているので、モデルを目指す方は健康を重視したうえでダイエットに励みましょう。

ちなみに、このBMIについてもっとよく知りたい方は『【モデルの平均体重は?】モデルになるには体重ではなくBMIを意識!』がおすすめですよ。

【モデルの平均体重は?】モデルになるには体重ではなくBMIを意識!

2019.12.29

(3)若すぎると認められない!年齢は16歳がボーダーライン

パリコレモデルになるための条件3つ目は、年齢が16歳を上回っているかどうかです。

これは日本人パリコレモデルの1人である松岡モナがインタビューで答えていたものですね。

松岡モナはわずか15歳で海外のコレクションに出演したのですが、当時年齢を理由に出演を断られることが多かったと語っています。

実際に、2019年にはグッチやバレンシアガといった有名ブランドが「18歳以下のモデルを起用しない」と発表しており、当時のモデル業界を大きく騒がせました。

とはいえ、有名ブランドの中でもルイヴィトンは今後も16歳のモデル起用し続けると公表しているので、あくまで年齢制限はブランドによって異なると捉えておきましょう。

ちなみに、このグッチについては『過激だけどどこか魅惑的!GUCCI(グッチ)のショーや人気モデル4人』で取り上げているので、興味がある方はこちらも読んでみてはいかがでしょうか。

過激だけどどこか魅惑的!GUCCI(グッチ)のショーや人気モデル4人

2019.10.25

また、ルイヴィトンについては『世界最高峰!2019年にルイヴィトンに起用された12人のセレブモデル』で解説しています。

世界最高峰!2019年にルイヴィトンに起用された12人のセレブモデル

2019.10.25

4.パリコレの出演料は〇万円!?

パリコレの出演料は冨永愛が「1回のショーにつき約100万円」と解答しています。

一見するとかなり高額に思えますが、あくまでこれはトップモデルの話で、例えば元パリコレモデルでニューハーフタレントのIVANは「ランウェイを1往復してギャラが10万だった」と語っています。

とはいえ、パリコレ出演後は他の仕事の単価が数十倍単位で跳ね上がるため、仮にノーギャラであったとしても出演する価値は十分あると言えるでしょう。

こういったモデルの収入事情に興味がある方は『カリスマモデル11人を年収まで紹介!カリスマと呼ばれるための3つの要素』を読んでみてくださいね。

カリスマモデル11人を年収まで紹介!カリスマと呼ばれるための3つの要素

2020.01.16

また、世界的に有名なモデルの年収が知りたい方は『世界のスーパーモデルの年収は?収入ランキングベスト10を大公開!』がおすすめですよ。

世界のスーパーモデルの年収は?収入ランキングベスト10を大公開!

2019.12.30

5.パリコレに出演したことがある日本人スーパーモデル

アジア人にとっては何かとハードルが高いパリコレですが、意外にも出演実績のある日本人は少なくありません。

松田和子がアジア人として初めてパリコレに出演した1959年から数えると、その数はなんと100人を超えています。

こうして見ると「日本人でもパリコレモデルになるのは決して不可能じゃないんだ」と実感が湧いてくるのでないでしょうか。

こういった日本人パリコレモデルについては『日本のスーパーモデルは誰?パリコレに出た日本人トップモデル25人!』でも紹介しているので、これを読んでモチベーション向上に役立たせてくださいね。

日本のスーパーモデルは誰?パリコレに出た日本人トップモデル25人!

2019.12.30

6.まとめ

この記事では以下の内容について解説してきました。

まとめ
  • パリコレの概要
  • 日本人がパリコレに出演する方法3選
  • パリコレモデルになるための条件や基準
  • パリコレの出演料について
  • パリコレに出演したことがある日本人スーパーモデル
パリコレは世界で最も有名なファッションショーの1つです。

影響力が大きい分ハードルも非常に高いですが、初心者や未経験者でもデビューできる可能性が残されているので、憧れのランウェイモデルになりたい方は夢を諦めずに挑戦し続けてくださいね。

Spicaテスト

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。