【モデルオーディションの正しい服装】合格できる服装と不合格になる服装

「モデルオーディションに、どんな服を着て行ったらいいのかわからない。」
「服装のセンスがないから、モデルオーディオションに合格できないかも。」

と悩んでいる人も多いと思います。

モデルオーディションでの服装選びは第一印象を左右する重要な要素です。

ですが、モデルオーディションの服装選びにはセンスがなくても大丈夫なんです!

ここでは、以下の内容について紹介いたします。

  • モデルオーディションでは第一印象が重要
  • オーディションに着ていくのにおすすめな服装3選
  • オーディションに着ていくべきではない服装4選

この記事を読むことで、オーディションの服装選びの迷いがなくまります!

ちなみに、読者モデルを目指している方は『【読者モデルになるには】オーディション情報・仕事内容や給料も徹底解説』という記事もおすすめですよ。

【読者モデルになるには】オーディション情報・仕事内容や給料も徹底解説

2019.12.30

1.モデルオーデションでは第一印象が重要

モデルオーディションでは、第一印象がとても重要です。

第一印象が悪いと、その後オーディションをどれだけ頑張っても、なかなか最初の印象を覆すことは難しいです。

そして、服装は第一印象を大きく左右する要素です。

モデルオーディションでは、審査員に良い第一印象を与えることができる服装を選びましょう。

ここでは、オーディションで審査員に良い第一印象を与えるためにすべきこと3つ紹介します。

  • 審査員が求める人材を理解する
  • 自分のアピールポイントを理解する
  • オーディション合格者について調べる

順に説明します。

(1)審査員が求める人材を理解する

審査員に好印象を与えるために、審査員が求めている人材を理解しましょう。

どんなに可愛くて綺麗であっても、審査員が求めている人材のイメージと異なればオーディションに合格することは難しいからです。

例えば、ファッション雑誌CanCamは、20代のきれい目なファッションが好きな女子向けに作られています。

なので、CanCamのオーディションで求められている人材は、20代の綺麗めなファッションが好きな女子の憧れの的になる人です。

CanCamのオーディションに露出の高い服装で、ギャルメイクで参加しても合格することはできません。

まずは、審査員がどんな人材を求めているのかを考え、審査員のイメージに合う服装を選びましょう。

ちなみに、CanCamがどういう雑誌なのか気になる方は『CanCam(キャンキャン)ってどんな雑誌?CanCan出身モデル5人』をチェックしてくださいね。

CanCam(キャンキャン)ってどんな雑誌?CanCan出身モデル5人

2019.12.25

(2)自分のアピールポイントを考える

審査員に好印象を与えるために、自分のアピールポイント考えましょう。

モデルオーディションには多くのライバルがいます。

自分がどう見られたいのかを考えずに、ライバルたちと同じような服装をしていても、審査員に好印象を与えることはできません。

例えば、「スタイルがいいモデル」という印象を与えたいのであれば、よりスタイルがよく見える服装を選ぶ必要があります。

自分のアピールポイントを考えて、審査員にどのようにアピールするか考えましょう。

(3)オーディション合格者について調べる

歴代のオーディション合格者について調べることで、審査員に好印象を与える方法の参考になります。

モデルオーディションでは、服装だけでなく、普段の立ち振る舞いなども審査の対象になり審査員の印象を大きく左右します。

モデルオーディオションに合格して、実施にモデルとして活躍しているモデルのSNSをフォローして、普段どのような服装をしてどのような行動をしているのかチェックしみましょう。

例えば、ViVi専属モデルとして活躍した経験もあるモデルのマギーさんは、インスタグラムで仕事の様子だけでなく、普段のファッションや食事についても発信しています。

 

View this post on Instagram

 

年内ラストカラー💜 いつもありがとうかわちゃん🌼 @cyorobinthkey

Maggy 🇯🇵🇨🇦🏴󠁧󠁢󠁳󠁣󠁴󠁿さん(@maggymoon)がシェアした投稿 –

オーディション合格者について調べ、審査員に好印象を与える方法の参考にしましょう。

ちなみに、ViViがどういう雑誌なのかについては『女性の虜ViVi(ヴィヴィ)とは?歴代専属モデル5人とオーディション』で解説しています。

女性の虜ViVi(ヴィヴィ)とは?歴代専属モデル5人とオーディション

2019.12.25

2.オーディションに着ていくのにおすすめな服装3選

「審査員の求める人材を調べたけど、具体的にはどんな服装がいいかわからない」

という人も多いと思います。

ここでは、具体的にオーディションに着ていくのにおすすめな服装を3つ紹介します。

  • 清潔感のある服装
  • シンプルな服装
  • 制服

順に説明していきます。

(1)清潔感のある服装

清潔感のある服装は、清楚や信頼感がある印象を与えることができます。

審査員はオーディションで、モデルという仕事相手を選んでいます。

どんなにスタイルがよく顔立ちがいい人でも、清潔感がない人と一緒に仕事をしたいとは思いませんよね。

モデルという仕事は、特に人前に立つことが多い職業ですので、清潔感がある服装を選びましょう。

(2)シンプルな服装

シンプルな服装を選ぶことで、より自分自身の魅力をアピールすることができます。

モデルオーディションの審査員は、服装ではなくモデルのいいところを見ようとしています。

派手な服装を選んでしまっては、審査員の目が服装ばかりに行ってしまい、せっかくのアピールポイントが目立たなくなってしまいます。

シンプルな服装を選んで、より自分のアピールポイントを活かしましょう。

(3)制服

学生であれば、制服でモデルオーディションに参加するのもおすすめです。

制服は、学生であるというモデルの立場を明確にしてくれます。

そして制服は清潔・シンプルという要素も満たしています。

学生で自由に服装を選ぶお金や時間がない場合は、制服でモデルオーディションに参加するのがおすすめです。

3.オーディションに着ていくべきではない服装4選

服装で良い第一印象を与えることができますが、悪い第一印象を与えてします場合があります。

ここでは、審査員に悪い印象を与えてしまうオーディションに着ていくべきではない服装を4つ紹介します。

  • 不潔な服装
  • 派手すぎる服装
  • 露出が高すぎる服装
  • 流行を意識しすぎた服装

順に説明していきます。

(1)不潔な服装

モデルオーディションに不潔な服は絶対に避けましょう。

不潔な服装は、だらしない印象や信頼感がない印象を与えしまいます。

シャツにシワがないか、ホコリがついていないかなど、普段意識しないような細かい所にも注意しましょう。

また、ダメージ加工された服装も要注意です。

若い世代の人には、ダメージ加工された服だとわかるかもしれませんが、年配の世代の人から見たらただの破れた服になってしまいます。

モデルという職業が、多くの人の目に触れる仕事であることを意識して、不潔な部分がないように細心の注意を払いましょう。

(2)派手すぎる服装

モデルオーディションには、派手すぎる服装を避けましょう。

審査員はオーディションで、モデルの服装ではなくモデル自身の魅力を審査しています。

派手な服装を選ぶことで、周りのライバルたちと差別化はできますが、せっかくのモデル自身の魅力が薄れてしまいます。

モデルオーディションでは、自分の魅力が何かを考え、自分の魅力を生かすために派手すぎる服装は避けましょう。

(3)露出が高すぎる服装

モデルオーディションには露出が高すぎる服装は避けましょう。

モデルオーディションは、オフィシャルの場であり、TPOを意識できていない露出の高い服装は審査員に悪い印象を与えてしまいます。

例えば、足が長いことをアピールしようとして、足の露出が過度な服装を選んでしまっては、オーディションのTPOに合っているとは言えません。

モデルオーディションでは、TPOを意識して過度な露出な服装は避けましょう。

(4)流行を意識しすぎている

流行を意識しすぎた服装も、モデルオーディションでは避けましょう。

流行に敏感であることは、モデルとして重要です。

しかし、オーバーサイズの服装が流行しているからといって、清楚系雑誌のモデルオーディオションにオーバーザイズの服装で参加しても合格することは難しいです。

モデルオーディションでは、流行よりも自分のアピールポイントを生かすことのできる服装を選びましょう。

4.まとめ

今回は、モデルオーディオションに着ていくのにオススメな服装と、NGな服装を紹介しました。

モデルオーディションだからといって、ハイセンスな服装でなければいけないということはありません。

審査員の求めている人材をしっかりとイメージして、どのような服装を選んだらイメージに近づくかを考えることで、確実にオーディション合格が近づきます。

そして、この記事でオーディションに着ていく服が分かった方は、次にオーディションの流れを学んでみましょう!

雑誌の専属モデルになりたい!4つの方法とオーディションの流れ

2019.12.25

 

Spicaテスト

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。